創るコンサルのポータブルスキルとは?

Pocket

今回の記事は、山口周さんの著書「NEWTYPE」に書かれていた言葉、

「問題の希少化」がヒントになっています。

「創るコンサルとは?」

そもそもコンサルの主な仕事は、

クライアントが抱える問題の答えと、実行プランを提示する。

だと考えてますが、大きくは外してないですよね(-_-;)

なので、問題が事前設定されているので仮説を立てたりして答えを考える。

仮に私が「コンサル」を目指すとしても完全に後発ですし、

トップを取れる程の頭脳があるとはとても思えません(-_-;)

自分なりに能力を分析して、やりたいこととすり合わせた結果

「創るコンサル」に行き着きました。

創るコンサルとは、市場が縮小してパイの取り合いをするよりも、

地方と海外を結び付け(アナロジー思考の様に)足りない物を借りてきたり、

みんなが持つ理想をビジネスに結び付けて問題を創り出す。

この取り組みを支えるポータブルスキルとして

  • 英語(海外)
  • ダイバーシティ(宗教、思想etc)
  • マーケティング
  • IT技術
  • 思考のフレームワーク

最低この5つは欲しいなと考えています。

今日の記事は、創りたい世界にするために何が必要か?と考えた記事です。

海外の方と仕事をするなら当然話せないといけませんし、

現地の方の文化や習慣、宗教を理解してお互いが気持ちよく仕事が出来る環境を作る。

創るコンサル=人との繋がりから仕事を作ることに他ならないので、

コミュニケーション力や、動かす力、心理学なども必要になるかもしれません。

けれど、最も大切なスキルは何か?と考えてみると5つのスキルに行き着きました:)

海外の方と実際に仕事をしている人から話を聞いてみたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。