福井県に物流の集配センターを作ったら?

Pocket

今考えているのは、

1:日本海側の物流の中間に位置する福井県に集配所を作るとしたら?

2:東日本担当の業者と、西日本担当の業者に分けたらどうなるか?

東日本担当の業者から運ばれた荷物を福井県の集配所で受け取り、

西日本担当の業者が目的地まで運ぶ。

反対も然り。

物流を担うドライバーの数が足りなくなるという情報をよく聞きます。

そして、長時間運転による居眠り運転など、

労働環境は決して良いとは言えない事実。

利益と環境を一挙に解決する手段として、

物流を西と東に分ける集配センターを福井県に作ったらどうなるか?

この問題に仮説を立てていきます。


14年間仕事をしてきて、一度も企画書を書いたことが無い私ですが、
「仮説1000本ノック」+「創るコンサル」のテーマとして
企画書を書いてみます:)

結果はこの記事とTwitterにアップしていきます:)

合弁集配センターで、低負担物流を構築する事業

  • Eコマース
  • コンビニ
  • 個人間の物流 etc

現状:

ネットショッピングの普及によって、輸送量と運送ドライバーの負担が増大している。

・納品までの時間制限が厳しい
・満足な休憩時間を確保できず、長時間労働が常態化している。
・平均月収32万円
・ドライバーの人手不足により、1人当たりの輸送量が増大している。

クライアントにとっての価値

サービス概要

  • 輸送のバケツリレー
  • ドライバー毎に輸送エリアを設定
  • 労働環境改善
  • 集配センターで仕事の創出
  • 一部ロボット化による設備投資の創出
  • 福井県に食事、宿泊、休憩施設の創出
  • トラック整備、メンテナンス業の活性化
  • 集配センターによる物流情報の一元管理

事業価値

  • エリア制による集配網の強化
  • ドライバーの労働時間低減
  • 地域に合致したトラックの整備
  • 輸送量把握による利益の安定
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。