コンサルラーニング

経理のスキル分解

Pocket

経理のスキルを分解してみる

  • 電卓
  • エクセル(VBA、マクロ含む)
  • 俯瞰力
  • 戦略的思考
  • 管理会計
  • 財務会計
  • 仮説思考
  • コミュニケーション
  • 段取り(タスク管理)

私の仕事を振り返って分けると、この9つになりました。

経理で使うスキルの汎用性について

経理の仕事が特殊だと言われる理由は、
企業の経済活動を帳簿に入力する”仕訳”にあると考えています。

先ほど分類した経理のスキルを見ると気付くと思いますが、
使うスキルはどの仕事でも必要なスキルだと思いませんか?
つまり、
基本的なスキルの上に専門的なスキルが乗っかっているだけです。

経理にとって戦略的思考の重要性について

経理の仕事=ひたすらパソコンに向かって黙々と入力している…

確かにその通りですが、
「経理こそどんどんお客さん情報を取りに行くべき」だと考えています。
と言うのも、
会社のお金の流れを最も知っている部署だからです。

  • お客さんとどんな会話をして契約に結びついたのか?
  • お客さんはどんな要望を持って、来店されたのか?
  • 会話をする中で見つかった要望はあるか?

お客さん情報×お金の流れを組み合わせて、
利益を最大化する方法を営業の方たちと協力して作っていく。

そこで重要になるのが「戦略的思考」だと考えています。

  • お客さんにもっとも価値を提供できる商品は何か?
  • アップセルパックを作れないか?

経理はデータを扱う仕事です。
だからこそ発言が”机上の空論になりやすい”ことを理解した上で、
お客さんの生の声を分解して、利益を最大化するプランを考える。

経理がないがしろにされる一番の理由は、

「現場との間に壁があるから」ではないでしょうか。

私の仕事は仕訳だから~とか。
私の仕事は後処理だから~とか。
経理としての仕事のベースはあっても線を引かないで視点を高く持って、

「利益を最大化する」ためにあなたが出来ることは何か?

部署とか関係なく考えることが最も必要になると仮説を立てています。

コメントを残す

*

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。