責任感とは何か?

Pocket

自分の信念に従って仕事を完結させていくこと

これが責任感だと考えています。

と言うのも、仕事を完結させようとすると上司や同僚達との折衝が必要になる場合があります。

求められる結果に向けて、

情報を集めて自分なりの考えに基づいて答えを出す。

それが出来る人こそ責任感があって、評価されるからです。

評価されない。

認められない。

責任感が無い。

そう感じるなら、

仕事を完結させるために自分が出来ることを考えてみると良いなと思います。

いきなり上司のような判断が出来なくても、

今の自分で考えつく限りの最高の仕事をする。

その意識が評価に繋がり、認められ、

責任感のある仕事へ抜擢されるチャンスが出てくると感じています。

必死に考えて、自分に出来る最高の仕事を提供する

判断が違う、考え方が間違っている。

そんな風に指摘されるかもしれません。

けれど、大事なことは自分の頭で必死に考えること。

そして、自分に出来る最高の仕事だと言い切ること。

ちょっと指摘されたくらいで自分の意見や考えを変えない。

何でもかんでも指摘されたことに噛みつく必要はないです。

大事なのは、

これだけは譲れないと言い切れる仕事の哲学を持つこと。

人間は環境で良くも悪くも変わってしまう

最近の自分を振り返った時、責任感のない仕事をしていました。

周りからの自分への態度を振り返ると、誰でも出来ることしか言われていない。

それはつまり責任感のない人だと判断されている可能性があると感じたからです。

重要な仕事を任されないからと不貞腐れるのではなくて、

自分から責任ある行動をして、仕事を掴みに行く。

ダメな仕事をしているとそれが習慣になり、

周りから取り返しのつかない程低い評価をされてしまいます。

3月も残り少しですが、再度自分の仕事ぶりを振り返って

責任感のある仕事が出来ているか?

悪い習慣がついていないか?

見直してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。