ブランディング

評価を気にしすぎて、自分の考えや信念を曲げない

Pocket

「あなたが欲しいのは何ですか?」

多くの人に納得して貰える基準で正しいと判断できることなら、

自分の考えや信念を譲ってはいけないと私は考えています。

八方美人にように相手によって考えをコロコロと変えてしまうと、

「自分を持っていない」とか、

「信用できない」と言われる可能性があります。

これは私自身の体験でもあるので、良かれと思って相手に合わせたことが結果として評価を下げる原因にもなりました。

だから、

「あなたの考えをしっかりと相手に伝える」

ことが評価の前に、話ができる相手と認識して貰えます。

もしかすると、考えを伝えることで険悪な雰囲気になるかもしれません。

けれど、相手が信頼できる人だとあなたが思うなら、

相手の考えを尊重しつつ良好な関係を作りたいと伝えるべきです。

仕事での評価は実績が大きなウェイトを占めていたとしても、

チームとして長期的に良好な関係を築くためにも

あなたをしっかりと表現することが最終的に良い評価に繋がるはずです。

コメントを残す

*

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。