あなたは〇〇の専門家。出来ない時はコンサルティングに学ぶ

Pocket

〇〇の専門家になって自信を付ける

仕事が出来なくてどうすればいいか分からない。

これと言った強みが無くて自信がない

こんな悩みを持っている人は多いのではないかと思います。

結論

仕事が出来なくて悩んでいる原因は、自分に自信がないからです。

その自信を付ける方法としておススメが、「〇〇の専門家」だと言ってしまうことです。

コンサルタントの方の実力を客観的に証明する方法として、

  • MBAや中小企業診断士など
  • 過去にコンサルタントした実績
  • プレゼンなど発信された情報の論理性や実効性

などがあると思いますが、形がないからこそ分かりにくいのがコンサルティングです。

だったら、先に宣言して行動して徐々に専門家になればいいと思います。

厳しい言い方になりますが、仕事が出来ないとか強みがないと悩んでいても解決しません。

あなたが今からすべきことは、何の専門家になるのかを決めて、行動することです。

私の好きな言葉の1つを紹介して記事に進んでいこうと思います。

今は「ない」。だから、手に入れる。

ドラクエの勇者は戦う前から、経験が無い時から「勇者レベル1」。

経験を積んでレベル100を目指しましょう。

目次

ポジションをとる

あなたのポジションをとるために、この記事を読んでみてください。
https://mityu-ka.com/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%8b%e6%8f%90%e4%be%9b%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e4%be%a1%e5%80%a4%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86

ポイントは、あなたにしか提供できない価値を考えることです。

そして、顧客に対いてあなたが提供したいことを伝えます。
世界No.1コンサルティング・ファームが教える成長のルール ハイパフォーマー集団が大切にする3つの仕事力

から引用させて頂きますが、

“私は(   )を専門にして、(    )のために、(    )という価値を届けます。”

ポジションをとる目的は、顧客に「あなた=〇〇の専門家」だと覚えてもらうためです。

あなたは〇〇の専門家

あなたが顧客に〇〇の専門家だと伝えたからと言って、状況がいきなり変わる訳じゃありません。
けれど“仕事が出来ない”とか”これと言った強みが無い”と考えているだけよりも、
伝えることで理解して貰えたり、プラスに自分の考えを変える助けにもなるはずです。

絶対的な武器を作る

〇〇の専門家になるための絶対的な武器を作る。
例えば私は、「創るコンサルプログラマー」の専門家になるために、
マーケティングをベースに次の3つを組み合わせた武器を作ろうとしています。

  • コンサルティング
  • プログラミング
  • デザイン

あえて言いますが、全て未経験です。

今は「ない」。だから、手に入れる。

まさにこの考えです。
学ぶための教材はネット上に沢山あるので、武器を作れるかはあなた次第です。

今は誰にも相手にされなかったとしても、毎日すこしずつ学んでレベルアップします。

大切なことは”あなただけの絶対的な武器を作る”ことです。

あなたはどんな専門家になりますか?
そして、どんな武器を作りたいですか?

まとめ

仕事が出来なくて悩んでいる原因は、自分に自信がないからです。

その自信を付ける方法としておススメが、「〇〇の専門家」だと言ってしまうことです。

行ってしまうメリットは既に言った通りですが、決して楽な道ではないです。

武器を作るには遊ぶ時間を削ったり、ゲームを我慢したり、自由になる時間を武器作りに使う必要があって、生半可な気持ちでは続きません。

けれど、今から専門家を目指して武器を作っていかないとあなたが望む人生は手に入らないかもしれません。

アリとキリギリスの話のように、今が楽しければ良いのか?将来に向けて備えるのか?

「専門家になって武器作りをする」ために、私は時間を投資します。

あなたはどちらを選びますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。