ブランディング

VBA&マクロでプログラミングの理解が進んだ話

Pocket

どんな仕事でも少なからずあるのが、「手入力」作業ですよね。

会計の仕事は尚更で、会計ソフト・エクセル・ワード etc

ほぼ1日中何らかの手入力をしてます。

それを

「どこまで自動化出来るか?」

この結果次第で、仕事の評価が変わると実感します。

※「自動化で変わる仕事の評価」については別の記事にまとめようと思います:)

自動化をする目的は時間を作るためにします。

「こんなシステム欲しいな!」とイメージを書き出したりしますが、

いきなり完全なシステムを作ろうとするのはおススメしません。

なぜなら、

作れないからです(-_-;)

だから、必要最低限のシステムに絞った方が良いと思います。

私が作った最初のVBAシステムは、

ボタンを押すと、シートAからシートBにデータをコピーして貼り付ける物でした。

それすら作るまで結構時間がかかったのです。

確か5時間程…(-_-;)

実際に会計職で使う仕組みは「コピーして貼り付け」が8割くらいだと思ってます。

それを作り上げてから、少しずつ追加するのがいいと思います。

私が今本業の会社で使っているのはエクセルVBAとマクロです。

(出来れば会計ソフトとVBA&マクロを連動させたいけど、難しそうだけど、
毎月決まった日に訪れる膨大な処理量を半分にしたい!)

そして、

一度作っても、自分の考え方や仕事の流れが変わるとアップデートは必須!

そういう訳でアップデートをしようと最近作っているのが、

お金の流れを可視化出来るシステムなのです。

ほんとにコツコツ作っていて、早くて10月末までかかりそう…(-_-;)

仕事は待ってくれないので、出来るだけ早く作るのですが

一つ言いたいことがあって、

VBAやマクロを学んだ結果、

他のプログラミング言語が分かりやすくなったのです。

HTMLやPHP、JavaScriptなどでも使う、ifなどの条件分岐が

VBAでも似たようなコードで書くのです。

ただ、厳密に何が違うのか?そこまでの理解は出来ていません。

欲しいのはデータをAからBにコピーする仕組みなので、

そこは気にしなくてもいいや!と考えました(笑)

だって、仕事に関する学びをサイトやアプリで探すときに求めることは、

「解決策」ですよね。

まずは初歩の仕組みでもいいから渡れる橋を作る事を最優先にしようと考えたからです。

このMityu-ka.comでもPHPを使ったプログラムを組み込んでいます。

PHPについては人に教えられるくらいになりたいとも思っていて学んでいます。

けれど、今求めているのは皆さんにも意味のある、役立つ情報を提供すること。

読み込み時間が少し遅かったりの不便さは学びながらコードを修正していきます:)

いつも通り話が逸れましたが、

HTML,PHP,JavaScript,Ptython等と、VBAやマクロにそれほど大きな差は無いなと感じています。

仕事で必要なスキルとしてVBA&マクロから初めて、

そこからPHPなどに発展させると分かりやすいかもしれません。

VBAやマクロの利点はネットに情報が沢山あって、コードを覚えてなくても

コピペで作れることです。

私の様に情報を家から会社に持ち込むことが出来ない職種の場合、

限られた時間で作るにはあるものを使うのが一番手っ取り早いと思いませんか?

本業をしている時は副業のプログラミングが出来ない人が多いと思いますが、

VBA&マクロでこっそりプログラミングの準備運動をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。