持っていない人こそ考えてほしい、プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

Pocket


挫折から始まった社会人生活。
自分なりに考え、色々試したけれど中々効果は出なかった。
同年代と比べると随分遅れてしまったけれど、諦めることは出来ない。
なぜなら、
「私なら出来ると信じているから」
例え、ありふれたスキルしか持っていないとしても気にしない。
無いなら学んで身につければいい。
根拠なんていらない。
他人に説明する理由なんていらない。
大事なことはただ1つだけ。
「私なら出来ると信じること」
どれだけ下手でもいい。
自分の目標に仮説を立てて行動する。
ただひたすら「1/100万人のビジネスパーソン」を目指す。


「1/100万人のスキルセットに
「ストーリー」がどうつながるのか?」

  • ありふれたスキルだとしても、
    ストーリーの力で意味をつける。
  • 人を動かし、自分の価値を高める力をストーリーで形作る。

図書館で借りてきた本ver1の中から、

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える
アネット・シモンズ著

について考えていこうと思います。

まずは読書マップから。

今回の本を読んで、改めて思った事。

私はどんな人なのか?

8歳の息子を持つ、36才の会社員です:)
会計職を本業としながら副業をしつつ、
「1/100万人を目指す活動」をしています。
あなたが100人に1人のスキルを1つ持っているとします。
1/100だとそれほど価値が無いかもしれません。
けれど、それが3つあったらどうでしょう?
1/100 × 1/100 × 1/100 = 1/100万になるのです。
一見ありふれたスキルでも、掛け合わせた数だけ価値がレア度が高くなる。
36才だけれど、目立ったスキルも経験もない。
とても焦っていたのが私です。
ここまで読んで下さった皆さんも感じたと思いますが、
どこにでもいる普通の会社員です(-_-;)
ただ…
向上心だけは凄いと友人達からは言われます(笑)
何も手にしていない。けれど、達成したい目標がある。
それが1/100万人の自分になること。

「私はなぜこの場にいるのか?」

私は奨学金を借りて大学に進学しました。
その時に強く思ったことが、お金が無ければ望む学ぶが得られない。
そして、
大学卒業して社会人を14年やってきて思った事。
学位(大学の学部を卒業すると得られるものです)は役に立たない。
就職活動や資格取得において4年生大学を卒業していることが求められる場所もあります。
けれども、学位を持っているから仕事が出来るかは別問題なのです。
仕事をするためには仮説を立てて仕事をしたり、ゴールから逆算したり、
適切なコミュニケーションを取れたり、
大学に行かなくても得られる知識以外で成り立ってるとすら言い切れます。
今ではそう考えるようになった私ですが、
22才の頃の私は大学を卒業しただけで明るい未来がやってくると強くイメージしてました(笑)
けれど、現実は違いました。
そもそも仕事をしたくなかった私が、
社会人になるに当たっての事前準備などしてるはずもなく、
今となっては容易に想像できる挫折、焦り、苛立ちの連続でした。

「7つの習慣」を読んだり、ビジネス書をむさぼり読んだり。
良いと書かれていることは一通り試したり。

「考えずに飛びつくと効果はあまり無かった」

ネットや本などで良いと言われていることを色々試してきた私ですが、
良いから飛びつくのプランではあまり効果が無いと私は考えています。
良いと言うのは、「あくまでも著者の方に対して」
環境、能力が違う人間なので、その取り組みの効果が出るかは不透明。
ビジネス書の読み方は、

  • 自分がどんな人間になりたいか?
  • 長所を伸ばしたいのか?短所を補いたいのか?を明確にする。
  • その本で何が得られるのか?
  • 読んで得た情報をどのように活かしたいか?
  • 活かす具体的な方法は何か?

自分に落とし込む、血肉にする手段を考えることが一番重要だと思います。

上手くいかない原因を考え、遠回りを続けて出した答えが「1/100万人」です。

大学に行けば与えられる知識やスキルじゃなく、
自分が置かれた場所や環境で価値を最大にするにはどうするか?

そのためのスキルセットを見つけ出すしかない。

これが私Mityu-kaがこの場にいる理由です。

「1/100万人になるためのビジョン」

求められる技術&スキルそして、私が提供できる技術&スキルは何か?

この質問を考え続けることでしか道を作る方法はない。
ただ、この道は仮です。
なんとなく、こっちに進もう!でいいと私は思います。
今の世の中では適切な道であっても、3年後も同じ道で良いとは限らないのだから。

仮の道を考え、色々試す。
そして、変化を見定めながら道を変える。

教え、教えられ、助け、助けられ。
GIVE&TAKEしながら成長する環境がMityu-kaのビジョン。

凄く当たり前なことを言ってますが、大切なことってそんなもんだと思います。

まとめ

  • 大学に行けば将来安泰とは限らない。
  • 自分がどんな人間になりたいか?道を考えることが重要。
  • 良いから飛びつくとあまり効果は無い。
  • 自分がどんなビジネスパーソンになりたいか?仮説を立てる。
  • 少しでもいいから行動する
  • 現状を悲観しすぎない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。