仮説を立てられると転職しても成長の波に乗れます

Pocket

「知識が無いなりに仮説を立てる」

これが出来ると転職したばかりでも仕事を始めやすいです。

機械設計事務所、化学工業での保守、会計職。

全然違う3つの仕事をしてきたので、実感しています。

 

「中途採用の猶予は短くて半年くらい」

私くらい業種が違う人いるのか分かりませんが、業種が違うと予備知識が足りないです。

いくら入社前に勉強したとしても、同じ年齢で新卒から入社した人とは違ってきます。

その違いを埋める方法が「仮説を立てる」です。

私が転職した際に言われた言葉ですが「違う見方で意見を言って欲しい」と言われました。

言葉通り”異業種経験者から見た会社の姿”について意見を求められるでしょうが、

結局は即戦力としての実力が求められます。

与えられる時間は長くて1年、短くて半年くらいです(私の経験上ですが)。

 

「経験の差をどう埋めるか?」

転職経験者は分かると思いますが、人や環境に慣れるだけでも結構大変です。

慣れながら仕事で実績を残そうとするとかなりのストレスが溜まります(-_-;)

そこで役立つのが「仮説を立てて経験の差を埋める」です。

「仮説を立てるための情報収集を積極的にする」

完全に0の状態から仮説を立てることは出来ないと思うので、

まずは仕事に関係する情報を集めることをおススメします。

過去記事でも書きましたが、

既に分かっている会社の事業目的などから自分なりにプランを立てます。

そのプランに基づいて仕事をしていくと精神的に楽になりますし、

することを絞れるので時間を効率よく使えることにも繋がると考えてます。

まとめ

・知識が無いなりに仮説を立てる

・中途採用の猶予は短くて半年

・経験の差を埋めるために仮説を立てる

・仮説を立てるために情報収集を積極的にする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。