「普通や当たり前を見直す出来事」

Pocket

「基本は同じじゃない」

今日の仕事での出来事なんですが、会社の同僚のAさんに宛名書きを依頼しました。

「住所はここを見て、宛名はここを見て」と一通り説明して1時間程。

完成した宛名を見て、「しまった!」と思いました。

宛名書きをして貰った中に法人が含まれていて、

Aさんは代表者の方の個人名で書いていました。

郵送する書類は法人契約の物なので、

私は当然法人名から書いてくれるものだと思っていたのです。

けれど、Aさんは法人の場合の書き方を知らなかったのです。

原因は「言わなくても分かるだろう」と詳しく説明しなかった私にあります。

幸いその会社さんは代表者の方が契約についても全て把握する方なので

問題は無かったのですが、

自分の中の普通や当たり前は他の人にとっては違うのだと改めて実感した日でした。

社会人として基本だと言ってしまえばそれまでです。

けれど、依頼するからには判断に迷うことなく正しく行動してもらう必要があります。

その点において今日の私は伝達の仕方をミスしました。

この話は私だけじゃなくて、多くの方も経験してると思います。

「自分の中の普通や当たり前を見直す」キッカケにして貰えたら嬉しいなと

考えて記事にしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。