受注力を上げるこんな方法

Pocket

「クライアントの要望を意識する」

  • 中々仕事を受注できないけど、どんなことをすればいいだろう?
  • 自分のサイトのイメージが沸かない
  • ただプログラミングを学んでるだけだとつまらない
  • もっと形がイメージできる方法でプログラミングを学びたい

こんな悩みを抱える方に向けて記事を書きました。

結論

プログラミングスキルでお金を稼ぐなら、既存のサイトを真似て作る経験が役に立ちます。

と言うのも、クライアントが提示するイメージを基にサイトを作るからです。

求められるのはあなたのアイデアやデザインでなくて、クライアントの要望を満たすことだからです。

目次

「完成させるために真似る」

プログラミングをしていて私がハマったポイントが、

作っている時に色んなアイデア出てきてしまって途中でやめてしまったことです。

なので、既にあるサイトを完成図として作りきります。

余計なことを考えずに作り切る。

完成させることで自信にも繋がりますし、自分のポートフォリオ作りにも役立ちます。

これが真似る利点の1つ目です。

「仕事を受注するために真似る」

真似る利点の2つ目が、仕事を受注するために真似るです。

クラウドワークスやランサーズで仕事を受注するためには、

・実力を示すためのポートフォリオ

・クライアントが欲しいサイトを作る時間を見積もる

この2つが必要だと感じました。

そのために既存のサイトを真似て作る経験が生きてくると考えたわけです。

「イメージを作る為に真似る」

クラウドワークスやランサーズの仕事内容を見ていると、

クライアントが要望する完成イメージを基にサイトを作る仕事が多いように感じます。

その完成イメージに対して自分自身がイメージを具体的に作るコードのイメージがないと厳しい時があると思ったわけです。

私だったらBootstrapベースで作られた既存のサイトを真似て、

目的に応じたサイト作りに活かすイメージ力も磨いてきます。

これが真似る利点の3つ目です。

「真似してみたいサイトはこちら」

Responsive Web Designのリンクはこちら⇒ https://responsive-jp.com/

このサイト真似れば実力磨き放題です。

この中から自分なりに機能を組み合わせて、独自サイトを作るのもありだと思います。

「まとめ」

プログラミングスキルでお金を稼ぐために、3つの「真似る」利点を挙げました。

クライアントが提示するイメージを基にサイトを作るためにどうしたらいいか?

そうして「真似る」に行き着きました。

まずはお金を稼ぐことを第一目標にして、その次に独自サイトを作っていくのが良さそうだと考えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。