独学でプログラミングを学ぶなら、模写コーディングをすべき3つの理由

独学でプログラミングを学ぶなら、模写コーディングをすべき3つの理由

目次

  1. 理由1:「作りたいサイト=ニーズがあるサイトではない」
  2. 理由2:「独学の問題点は、完成させられない」
  3. 理由3:「実力にバフをかけられる」
  4. まとめ

最初に

私は「本→ドットインストール→Progate」と独学でプログラミングを学びつつ、
クラウドワークスで5件ほど営業をして気付いたことが、「基本だけではダメ」でした。
この「基本から抜け出して受注する」方法の1つが”模写コーディング”です。
「独学でプログラミングを学ぶ人が、受注するまでのプログラミングの学び方」として、
模写コーディングをすべき3つの理由をまとめていきます。

結論

  • 模写コーディングで、ニーズのあるサイトが作れます。
  • ソースコードを使って、サイトを完成させる実力が身につきます。
  • 今は実力がなくても、模写コーディングで一気にバフがかけられます。

理由1:「作りたいサイト=ニーズがあるサイトではない」

プログラミングを学ぶのは、「稼ぐため」。
だったら、お客さんにニーズのあるサイトを作ることが必須ですよね。
と言うのも、自分が作りたいサイトが必ずしもニーズがあるとは言えないからです。
学ぶことが目的なら好きに作ればいいけど、稼ぐための「ニーズのあるサイト」を理解するために模写コーディングが必要になります。

理由2:「独学の問題点は、完成させられない」

これは私の問題点かもですが、「完成させられない」ことが悩みでした。
と言うのも、本などを見て作っていてもなぜか出来ない…。
初心者であるほど、ググっても完成できません。
何が問題で、何が正解かが分からないからハマってしまうんですよね(-_-)
(3年学んできた今でも、ハマって悩むことは変わりませんが…)

理由3:「実力にバフをかけられる」

ゼロからプログラミングの基本を学ぶと、分からないことが2つ出てきます。
・今の自分の実力が分からない。
・どういう風にサイトを作ればいいか分からない。
サイトやアプリを作るために学んでいるのに、積み上げることばかりに意識が向いてしまって、サイトを作り切ることが難しくなります。
一方で、模写コーディングは完成形を見ながら作りきることが目的です。
もし作り始めた時点でサイトを作り切る実力がなくても、
・マネしながら作るとサイト構成の考え方が分かる。
・サイトを作りきることで、一気に経験がたまって、実力にバフをかけられる。
「作りきる」経験を一気に積めるのが模写コーディングの最大の長所です。

まとめ

私は「本→ドットインストール→Progate」と独学でプログラミングを学びつつ、
クラウドワークスで5件ほど営業をして気付いたことが、「基本だけではダメ」でした。
この「基本から抜け出して受注する」方法の1つが”模写コーディング”です。
模写コーディングをすることで
・模写コーディングで、ニーズのあるサイトが作れます。
・ソースコードを使って、サイトを完成させる実力が身につきます。
・今は実力がなくても、模写コーディングで一気にバフがかけられます。
あなたが「独学でプログラミングを学ぶなら、模写コーディングをすべき」です。

WordPressでJavaScriptが読み込まれない時の3つの注意点

WordPressでJavaScriptが読み込まれない時の3つの注意点

 

WordPressのカスタマイズや、自作テーマを作ったりしていると
Carouselやボタンアクションなど独自の機能を追加したくなりますよね。

この記事では、

  • どこにJavaScriptファイルを読み込めばいいか分からない。
  • WordPressのテーマにJavaScriptファイルを読み込めない。
  • 設定したファイルが読み込まれているかを確認したい。

こんな悩みを抱えている方に向けて書きました。

目次

  • どこにJavaScriptファイルを読み込めばいいか分からない。
  • WordPressのテーマにJavaScriptファイルを読み込めない。
  • 設定したファイルが読み込まれているかを確認したい。

結論

  • テーマフォルダの中にあるfunctions.phpでJavaScriptファイルを読み込む。
  • wp_enqueue_scriptを使う。
  • デベロッパーツールのSourcesにJavaScriptファイルを確認する。

どこにJavaScriptファイルを読み込めばいいか分からない

WordPressを使い始めた頃に悩むことの1つが、
どこにJavaScriptファイルを読み込むか?ですよね。

 

この画像は#underscoresという、WordPressの自作テーマ用ファイルですが、
wp-content\themes\[テーマ名]\functions.phpにJavaScriptを読み込ませます。

WordPressのテーマにJavaScriptファイルを読み込めない。

そして、
functions.phpにこのように記述するとJavaScriptファイルを読み込めます。
※ハイライトした個所です。


[my_blogsite-addslider]と[‘/js/addslider.js’]の箇所は、
お使いの環境に合わせて変更してください。

設定したファイルが読み込まれているかを確認したい。

画像1⇒画像2の順番に進むと、設定したファイルが読み込まれているかの確認ができます。

画像1

画像2


WordPressにJavaScriptファイルを読み込む時に、
私が少しつまづいたのでまとめました。

WordPressテーマの自作シート

WordPressのテーマを自作する時に使っているツールをまとめました。

開発環境

Visual Studio Code

ベースファイル

Underscores | A Starter Theme for WordPress

画像圧縮フリーソフト

ラッコツールズ工房

iloveimg

ファビコン

Favicon Generator. For real.

プログラミングを独学するなら使いたい3つのツール

「プログラミングを独学するなら使いたい3つのツール」

目次

  • 出来るだけお金を掛けずに学びたい
  • プログラミングを学ぶ、おススメのツールが知りたい
  • プログラミングの学び方
  • まとめ

私がプログラミングを学び始めた時に悩んだこと

「プログラミングを学ぶ=本」だと思っていて、ググることもあまりしていませんでした。
そして、本に書いてある通りにコードを書いても動かないことも多くて挫折する。
その繰り返しでした。

初心者の独学プログラマーが挫折する理由は、思った通りに動かないからです。
まず動くコードを理解してから変えていくとプログラミング学習は続くはずです。

出来るだけお金を掛けずに学びたい

スピードと使えるお金のバランスが大切です。
と言うのも、私がひとり親をしていて使えるお金が少なかったからです。
理想はTechAcademyなどのスクールで学びたかったのですが、お金がなくて利用できませんでした。
この記事を読んでくださっている方はプログラミングに興味がある方でしょうが、
プログラミングの挫折率が90%とも言われるくらいです。
まずはお金をかけずに学んでみて、
・続けられそうか?
・学んで何をしたいか?
ボヤっとでも良いのでイメージを作ることをおススメします。

プログラミングを学ぶ、おススメのツールが知りたい

ツイートでもお伝えした通り、私がおススメするツールは3つです。
・Progate
・YouTube
・Udemy
完全にゼロからのスタートだったら、Progateから始めることをおススメします。
と言うのも、Progateはプログラミング環境もセットになっているからです。

これは私の実体験ですが、プログラミング環境を作るために1週間かかりました…

XamppとVS Code、コマンドプロンプトの設定をググりながら取り組んでましたが、
中々できなくて苦しみました。
せっかくプログラミングを学ぼうと思ったのに、
環境設定でやる気をなくしてはもったいないですよね。

とは言え、プログラミングの開発環境は必須です。
「プログラミング 環境設定 vscode」で検索すると多くの記事がアップされています。
参考にしながら設定してみてください^^

だいぶ話が逸れましたが、
”お金をかけずにプログラミングを学ぶ”ならYouTubeがベストです。
と言うのも、日本だけでなく海外の方の動画も見れるからです。
それも無料で!
デバイスサイズや画質によってはコードが見にくい時もありますが、
オシャレなサイトやナビゲーションバーというメニューだったりを15分ほどで学べます。
もちろん英語ですが、慣れです。
「とにかく画面のコードをマネて書く」だけで完成するので頑張りましょう。

最後にUdemyですが、動画を買って学ぶコンテンツです。
正規料金だと24,000円くらいするけど、年に何回かあるセールだと1500円前後になります。
Udemyに登録するとメルマガでセール情報が届くので、その時に買うことをおススメします。

プログラミングの学び方

1. Progateでサイトの全体像をつかむ。
2. 気になる言語をProgateで深掘りする。
3. YouTubeで学びたい言語+englishで検索する。
4. YouTube動画を見ながらコードをそのままマネて書く。
5. Udemyで学びたい動画を安く買う。
6. 見ながら学ぶ。

この繰り返しをおススメします。
お金がかかるのはUdemyくらいなので、
何から始めればいいか分からない人やお金をかけられない人におススメの勉強法です。

まとめ

私のようにひとり親で使えるお金が少なかったり、何から始めればいいか分からない人は、
「Progate⇒YouTube⇒Udemy」の順番で学ぶことをおススメします^^

プログラミングの基本を学んでも稼げない3つの理由

プログラミングの基本を学んでも稼げない3つの理由

このツイートを深掘りすると、

  1. 基本的なコードを組み合わせたり、応用させるのが難しい
  2. お客さんから要望された機能に分解するのが難しい
  3. 基本ばかりだと、答えを自分で見つける力が育たない

基本的なコードを組み合わせたり、応用させるのが難しい

ある程度、基本を学んだら自分のサイトを1から作ることをおススメします。

積み上げ式で学んでいくと、
実際にお客さんから要望される機能との繋がりが分かりにくいからです。

とは言え、基本がなければ何も理解できませんよね。

まずサイトの基本的な構成をドットインストールやProgateで学んで、
学んだことを全て使って自分のサイトを1から作る。

その流れで進むと、わりとスムーズに行けるはずです。

ゴールとしてのサイトを作ってみて分からない所を洗い出す

この作業が必要です。

分からない所があったらググる。

ググっても分からなかったら、teratailなどで質問する。

プラス、ドットインストールやProgateで基本に戻ってみる。

このループを回すことで、少しずつだけど分かってきます。

「お客さんから要望された機能をどうやって実装するか?」

この、”要望された機能”を基本的なコードに分解する作業がかなり大変なんですよね。

私もドットインストールやProgateで、
HTML/CSSやPHP、JavaScriptを1年ほど学んできましたが、
要望された機能に落とし込むことが出来ませんでした(-_-;)

もちろん、頭の良い人だったらさっと出来るはずですが、
私の場合はとても難しかったです。

だからこそ、

基本ばかりだと、答えを自分で見つける力が育たない

サイトを作ってみると実感しますが、
「ゴールと基本の間」が分からなくて苦しみます。

基本はあくまでも基本なので、
そのままコードを書いても欲しい機能に到達することは稀です。

ゴールとしてのサイトから逆算してコードを考えると、
「ゴールと基本の間」を自分で見つける力が育ってくるはずです。

私も独学でプログラミングに取り組んでいるので、
分からない時はかなり苦しんでいます(笑)

そんな時はゴールと基本を行き来することをおススメします。

最後に

この記事を読んで下さった方も似た状況のはずなので、
独学プログラマー向けの記事をこれからもアップしていきます。

地方こそプログラミングスキルが必須な理由

地方こそプログラミングスキルが必須な理由は、

付加価値は低い割に脳力を使って、疲れる割に稼げない仕事が多いからです。

楽して稼げる仕事がもてはやされますけど、トイレ掃除の仕事だろうと、ホワイトカラーと言われる仕事だろうと、どんな仕事も尊いです。

とは言え、時間あたりの単価を最大化するために最もニーズのあるスキルを選んでいくのは必須の考え方だと思います。

この最もニーズのあるスキルを学んで身に付ければ、自分にとっては勿論

自分を軸として高付加価値な集団を作る事も可能だからです。

有益な状況=付加価値の高い仕事だと仮定すると、

それは、

プログラミングを軸とした仕事と言えます。

  • ARやVR技術を扱えるプログラマーが少ないこと。
  • スキルを身に付けていれば世界を相手に仕事が出来ること。

このツイートで挙げましたが、

スキルを身に付けるには時間がかかると思うので、

今からどんどん触れていって作っていく。

「やってみる」状況をつくっていきたいです。

Webやサービスを作れるだけでは不十分だと言われてますが、

まずは、

使う側から作る側へ移動することを最初の目標にする。

そして次の目標として、仕掛ける側へ移動する。

その他大勢から1歩抜け出すために出来ることをする意識を大切にしていて、

「自分を軸として高付加価値な集団を作り人を動かして仕掛ける側へ移動する」

この考えはTSUKUCONのコンサルラーニングに対する基本的な考え方になってます。

いまは最初の目標である作る側へ移動するために、

YouTubeとUdemyを利用して英語×プログラミングの組み合わせで学んでいます。