出来る人の一歩先を目指して学ぶデジタルマーケティング

Pocket

「デジタルマーケティングを学んで、ユーザーに最適化した情報を届ける力を磨く」

仕事が出来る人は数字で考えて成果を出すと聞くけど、数字で考えるためにどんなことを学んでいるんだろう?

一目置かれる仕事をするためにどんなスキルを身に付けるといいんだろう?

こんな悩みを抱えている人に向けて書きました。

結論

あなたや企業に向けて最適化した情報や商品、サービスを素早く届けるためにデジタルマーケティングを学んで「届ける力」を磨く。

目次

「出来る人はマーケティングを理解している」

出来る人は感覚だけを頼って判断していません。

必ずと言っていいほど根拠となる数字があり、その人なりの考えを加えて判断しています。

この判断基準がマーケティングです。

直接or間接の違いはあっても商品やサービスをユーザーに販売して利益を出すことが目的です。

私は“出来る人=利益を出す人”とも言い換えられると考えていて、事実として著名な経営者は経営を立て直したり、大幅な黒字を達成したり、利益を出したから評価されてます。

判断をするに当たってマーケティングを意識せずとも最適な答えを導き出す人もいるかもしれませんが、それは過去に培った数字感覚があってこそではないでしょうか。

それに仕事は1人でするわけではないので、余程のワンマン社長でない限り周りを納得させる必要があります。

周りを納得させる方法が、数字を根拠とした再現性のあるマーケティングです。

「マーケティングとは?」

最終的に利益に繋がる測定可能なデータを得ることです。

ネットが普及する30年くらい前であれば、ご近所付き合いや近くにあると言うだけで商品が売れていたかもしれないです。

けれど、楽天やAmazonなどに代表されるサイトで商品が買えるようになった結果、地元のお店は潰れてしまっていると思います。

独自商品や強い繋がり、魅力的なお店でなければ太刀打ちできないのが現実です。

商品だけに絞って見るならば、物自体は変わらないかもしれないです。

では何が違うのか?

ネットでいつでもすぐに商品情報が見れて、すぐに買える利便性です。

そして、利便性を支えるものがユーザーの閲覧情報や購入情報に基づいたデータです。

あなたが見た情報がサイトのデータベースに蓄積されて、同じサイトを開いた時におススメ商品が表示されるのも閲覧履歴や購入情報があるからです。

つまり、あなたに商品を買ってもらうために最適化された情報を得ること、それがマーケティングの目的です。

「デジタルマーケティングとは?」

簡単に言うと、先ほどのマーケティングを全てのデジタルツールを活用して行います。

具体的なデジタルツールは、

・スマホ

・パソコン

・タブレット

代表的な物はこの4つで、

Eメールや、アプリ、Webサイト、SNS、IoTなどでユーザーの情報を得ています。

「デジタルマーケティングが付加価値になる」

比較サイトなどあらゆるデジタルツールで商品やサイトの情報を得ているユーザーに対して、デジタルマーケティングを身に付けて多くの商品を販売する。

今までは営業の方が外回りをして商品を販売してきたけれど、着実に確実に対面での商品販売の絶対量が減ってきます。代わりに増えるのがデジタルツールでの販売です。

Amazonや楽天が大企業になれたのもデジタルツールでの販売量を増やしたからなので、理解してもらえると思います。

つまり、デジタルツールを活用してユーザーの皆さんに情報を届けて、商品を販売するデジタルマーケティングスキルがこれからの付加価値になっていくと理解して貰えたのではないでしょうか。

「まとめ」

あなたや企業に向けて最適化した情報や商品、サービスを素早く届けるためにデジタルマーケティングを学んで「届ける力」を磨く。

デジタルマーケティングのスキルを身に付けることで、生活や心を豊かにする価値を提供できると思うと素晴らしいスキルです。

デジタルマーケティングを学んで付加価値を身に付けましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。