仮説思考(商店街の売上を2倍にするには?)

Pocket

結論

SNSをフル活用し、商店街をYouTubeアンテナショップ化して集客する。

まずは知ってもらうことからスタート。

「実際に流行を見れる・体験できる・買える」を提供する。

最終的に店独自の動画を作り、集客への流れを作る。

「消費者のニーズとかけ離れているから売れない」

余程ブランド力のある店や商品でなければ、昭和初期の頃からの商品は売れない。

仮に商品の品質が良くても消費者のニーズが無ければ売れない。

そこで消費者のニーズを知る為にSNSをフル活用する。

「ニーズを知るためにSNSを積極的に使う」

変化の方向を知る方法の1つがSNSだと考えています。

商店街の経営者の方は高齢な方も多くいらっしゃるかと思うので、

TwitterやYouTubeを見たことない人もいるのではないか?

つまり、情報が足りないからニーズも分からず変化の方向が決められない。

商店街の垣根を越えてジャンルで繋ぐ

地域に店が少なく購入方法がリアル店舗で買うしかなかった時は、

現在の商店街の姿でも良かったと思います。

今は、ネットで通販で簡単に商品が買えるので

そのお店に行かなければならない理由が大幅に減りました。

なので、商店街の垣根を越えてジャンルで繋ぐ。

ジャンルで繋いでその分野での情報量を増やす作戦です。

そして、YouTuberが紹介している商品を販売する。

インフルエンサーの力を借ります。

YouTubeのアンテナショップ化を目指す

人気YouTuberが紹介する商品は売れます。

ネットですぐに買える商品もあれば、自分で作ったりしないといけない物もあります。

そこで、

  1. 自分で作るのが面倒だと言う人向けに、店が作って見せて販売する。
  2. 店のジャンルにマッチするYouTuberを選ぶ。
  3. 動画で紹介している商品を販売する。
  4. SNSで宣伝し、集客する。
  5. YouTuberから今のニーズを学び、マーケティングのノウハウを学ぶ。
  6. 店側で企画し商品を作り動画で紹介する。

まとめ

  • 消費者のニーズとかけ離れているから売れない
  • SNSで消費者のニーズを知る
  • 商店街の垣根を越えてジャンルで繋ぎ、情報量を増やす
  • 人気YouTuberの宣伝力に乗っかる
  • SNSで宣伝して、話題の商品を提供しつつ店を知って貰う
  • YouTubeのアンテナショップ化を目指していく
  • 店独自の動画を作り、集客への流れを作る

最後に

この記事の一番のポイントは「変化させること」です。

変化するためには、最新の情報をいかに仕入れるかで決まると考えました。

そこで、

商品情報が伝わりやすいYouTube(もちろんInstagramでもありですが)を使って集客する。

人気YouTuberの拡散力を誰もが伸びるように役立てていこうという作戦です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。