マーケティングに組み合わせるコンサルティングスキルとは?

Pocket

読者の悩みや課題

マーケティングって感覚的だと思うけど、数値化できないか?

お客さんが欲しい商品をタイミング良く提供したい。

こんな悩みを抱えている人に向けて書きました。

目次

結論

ダイレクトマーケティングで1人1人のお客さんを大事にして、

その人の趣味嗜好を完璧に把握したカタログをタイミングばっちりに届ける。

そのための情報をCRMで作る。

「あなたがお客さんに出来ることは何か?」

お客さんが欲しい商品をタイミング良く提供することと、もっと良くなるアイデアや商品を提供できるとさらに良いですよね。

これはダイレクトマーケティングの考えそのもので、あなたに出来ることは、お客さんが欲しい商品を提供することです。

けれど、春物のコートが欲しいと思ってお店に行ったけど店員さんは入荷したばかりのインナーを売ろうとしつこく勧めてきたらウザいですよね。

極端な例ですが、お客さんが欲しい物をタイミング良く提供することが一番大事です。

「お客さんの情報をデータ化する」

お客さんが求める、欲しい商品をどうやって把握するのか?

それにネット販売だとお客さんの生の声を得ることは不可能です。

一人で商品を販売するだけであれば、自分の中に情報を蓄積して感覚で対応すれば良いと思います。

けれど複数の人や会社として販売しようとするなら、安定して商品を提供することが求められるはずです。

つまり、誰が見ても理解出来て、個別のお客さんに適切なタイミングで商品を提供する情報をデータ化する。

いつ、どんな商品を、どんな方法でお知らせするのか。

十人十色のお客さん毎に最適な商品を提供するのはデータ無しでは成り立ちません。

多くのお客さんに、誰が対応するとしても適切なタイミングで欲しい商品を提供するためのデータをCRMで作っていきます。

「CRMとは?」

CRMの定義は、「個々の顧客ニーズを把握し、顧客ごとにパーソナライズされた商品・サービスを提供する仕組み」です。

業務&ITコンサルティング分野で必要になるのがこのCRMです。

100人に向けてではなくて、1人のお客さんの要望を満たすことが目的です。

「CRMとダイレクトマーケティング」

ダイレクトマーケティングで1人1人のお客さんを大事にして、

その人の趣味嗜好を完璧に把握したカタログをタイミングばっちりに届ける。

そのための情報をCRMで作る。

同じ目的のダイレクトマーケティングとCRMを掛け合わせて、より高い付加価値を付けていく。

これがマーケティングを学ぶ上で1つの方向性になると思います。

「まとめ」

ダイレクトマーケティングで1人1人のお客さんを大事にして、

その人の趣味嗜好を完璧に把握したカタログをタイミングばっちりに届けるための情報をCRMで作る。

同じ目的のダイレクトマーケティングとCRMの組み合わせがより高い付加価値を付ける手助けになると考えています。

「今日学んだ本」

「コンサル1年目が学ぶこと」大石哲之氏著

関連する記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。