環境の変化に負けない。Webマーケティング力を鍛える5ステップ

Pocket

「環境の変化に負けない付加価値を付ける」

この厳しい状況で今までの仕事が出来るかが不安。
お金を稼ぐために今から出来ることは何だろう?
働く場所や時代に負けない仕事ってなんだろう?

こんな悩みを抱える人に向けて書きました。

目次

結論

「売り込みをしなくてもお客さんに情報や商品を届ける」ためのWebマーケティング力です。

  1. STP分析をする
  2. お客さんの要望を把握する
  3. Webサイトで解決できるか考える
  4. コンテンツ化する
  5. お客さんに使って貰った感想を聞く

分析した結果を、お客さんの要望とすり合わせてコンテンツ作りする。
そして、お客さんに使って貰った感想を聞いて改善する。
このPDCAを回すことがWebマーケティングで大切だと考えてます。

「Webマーケティング力を鍛える」

そもそもマーケティングとは何かを確認しておきます。
「出来る人の一歩先を目指して学ぶデジタルマーケティング」の記事でも書きましたが、
“あなた”に特化した商品や情報を届けることが目的です。
高品質の商品を作れば売れた時と変わっていて、
今はあなたが欲しい商品や情報、サービスを適切なタイミングで届けられるかがポイントです。

「100円のコーラを1000円で売る方法」永井孝尚さん著

どこにでもある商品を高く売る方法を理解すると、同じ商品を販売する会社が多くても(理想は少ない方がいいですが…)自社を選んで貰う環境が作れる。
選んで貰う環境を作る知識がマーケティングにはあります。

「なぜWebマーケティングなのか?」


「他の会社でも扱う商品を販売する=値段勝負」です。
ハッキリ言うと、お客さんにとって大事なことは値段であって会社やスタッフを気に入って買って下さる方は少ないように思います。
購入の意思があったり、ふとしたキッカケで商品情報を検索した時に価値のある情報をどれだけ届けられるか。
「このサイトいいな」と判断して貰える商品や、見て下さった方にとって価値になる情報を提供するためにWebマーケティングを使います。

「Webマーケティングとは?」

他のサイトでも良く目にする言葉ですが、Webサイトの無い店だと店が営業している時間内しか情報を得られませんよね。
それに対してWebサイトは時間に関係なくお客さんに商品や情報を届けられます。
24時間365日営業活動してくれるのがWebサイトです。
10年くらい前だと誰が見ても同じ情報を表示しているだけだったと思いますが、
今はcookieなどの技術によって”あなた専用の情報”が表示されますね。

”あなた専用の情報”を表示することがWebマーケティングの目的です。

いつ見てもあなたが欲しい情報を提供してくれるWebサイトを作って、
お客さんとお店の繋がりを強固にしてくれる分析方法がSTPです。

このツイートでも挙げたのですが、分かり易いSTP分析の記事をアップします。

そもそもですが、同じ商品を販売する業種を選ばない方が良いですよね。
けれど、現状に甘んじて諦めるより出来ることを考える人でありたいと思ってます。

「経理職だから思うWebマーケティングの重要性」

「経理は利益を生まない部署だから…」と思っていること自体が甘えだと最近考えるようになりました。
経理は商品を販売してはいけないとは言われていないのだから、利益になるプランを考えて提案したり、どんどん商品を販売すればいいんです。
「経理だから、お金に関する仕事だけしていればいいんだ」
そんな考えが自分にあったと反省しています。
“経理だから思うWebマーケティングの重要性”は経理に甘えていた反省と、
今まで書いてきたWebマーケティングで付加価値を付けたい。
同じ商品を販売する会社が多い業界で、
お客さんに商品を届ける大変さを経理の立場で見てきたからこそ
Webマーケティングの重要性を強く感じます。

「5ステップ」

1.STP分析をする
2.お客さんの要望を把握する
3.Webサイトで解決できるか考える
4.コンテンツ化する
5.お客さんに使って貰った感想を聞く

STP分析とお客さんの声をセットにする。
直接お客さんの声を聞ける業種に限定されますが、
可能であれば聞いて改善するヒントを得てPDCAを回すことが他社との差別化を図るWebサイト構築の方法だと思います。

「まとめ」

「売り込みをしなくてもお客さんに情報や商品を届ける」ための
Webマーケティング力を身に付けて、
お客さんの声を得てPDCAを回すことが差別化を図るWebサイト構築の方法だと思います。
そのために5ステップが役立つはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。